シアリス 効かないシアタダラフィル 効果鍕冭捣闅滃rehmannia銇? 鍕冭捣涓嶅叏鑹层伅鏆椼亸銇﹀厜娌亴銇傘倞

タダラフィル商品名1.若い夫婦-----子供たちが別れた理由ある日、性医学クリニックで、医師は50歳の男性を治療し、ED(すなわち、勃起不全)に3年間罹患していると述べました。朝はつらいかもしれませんが、妻の部屋に入ると柔らかくなりますが、これは強くはないので、妻はその部屋にとても苛立ちます。医者は詳細に尋ね、夫と妻が彼を殴打した息子の誕生以来過去12年間部屋を分割していたことを発見しました。 「子供は12歳です。母親と一緒に寝る必要がありますか?」医者は戸惑いながら尋ねました。子どもの父親は、子どもは夜中におしっこをするために常に母親に起こされなければならず、子供の頃から母親と一緒に寝ていたので、しばらくは切っても切れない関係にあり、その結果、夫婦の性生活は次第に少なくなると述べています。危機的な瞬間、それは柔らかでした。……また、赤ちゃんのために別居しているカップルもいて、彼らは離婚しました。チェンさんは、最初は赤ちゃんのことをほとんど考えていなかったと言いましたが、夫婦の関係はますます弱くなりました。多くの準備作業は、一度の人生で行われなければなりませんでした。誰もが焦りました。長く、興味がなく、ゆっくりと離婚しました。チェンさんは、離婚が離婚の主な理由ではないが、要因の30〜40%は離婚が原因であると述べ、親密さを欠くと、喧嘩がより頻繁になり、最終的に夫婦は見知らぬ人になります。 2.中高年夫婦がいびきをかき合ってベッドを分離する中年後、いくつかのカップルはさまざまな理由でベッドを分離し始めます。たとえば、一方の当事者が年をとるにつれて、いびきをかくようになります。眠りにつく方法。不眠症、早起き、眠りに落ちるなどの深刻な睡眠障害があり、寝るやいなや寝返りをすると、相手の眠りに支障をきたします。もちろん、一部のカップルのセックスライフは不調和であり、ベッドと部屋の分離はセックスを避けるための最良の言い訳になっています。劉さんが結婚したとき、夫婦は愛情を込めていましたが、些細なことで喧嘩するのにそれほど時間はかかりませんでしたし、夫はますます不幸になり、心理的なEDに悩まされました。誰も無視します。また、年をとるにつれ、古い考えに縛られてもう一緒に寝たくない、息子や孫は年をとっていて無礼だと感じ、次第に別々のベッドで寝ていると感じる高齢者もいます。 3.専門家の意見:夫と妻のための別々のベッド、さらに別々の部屋で夫と妻と一緒に寝る。これはもともと親密な関係のための最良の注釈です。ベッドを分けることは、あなたがそれを認めるかどうかに関係なく、親密さの程度は低下しました。夫婦のセックスに対するニーズは、ベッドの長期的な離隔による無関心をもたらし、男性は「高度な使用、放棄された後退」のために性機能に影響を与え、最終的に結婚生活に不調和を引き起こし、家族を解散させることさえあります。北京大学第3病院のアンドロロジー専門家であるJiang Hui氏は、カップルは別々のベッドで寝るべきではないと述べました。人々は愛の体温を必要としています。ベッドを分割したり、部屋を分割したりすると、感情的なコミュニケーションは間違いなく影響を受けます。性生活は夫婦関係の不可欠な部分であり、潤滑剤です。多くの人が予測できないことの多い、離れた時間の後に同じベッドで寝ることは困難です。もちろん、ベッドと部屋の分離が2つの分離の主な理由ではないかもしれませんが、別のベッドと部屋に住んでいるこの状況をただちに終わらせることをお勧めします。若いカップルが子供を産んだ後、一般に、子供が生後6か月になる前(または西洋の慣習によればそれより前)に独りで眠ることができ、遅くとも3歳を超えてはなりません。理由は2つあります。1つは、子どもの自立心を育て、成長したときに社会環境により迅速かつスムーズに適応できるようにすることです。もう1つは、「サードパーティ」としての子どものためではなく、カップルの生活を支援するためです。夫と妻の間の愛のチャンスを奪います。ほとんどの中年夫婦では、2人が同じベッドで寝る場合、相互に干渉し合うことがあります。別々のベッドで寝たり、別々の部屋で寝たりすると、よりよく寝ることができます。しかし、いびき、不眠症、その他の問題などのこれらの妨害因子については、医学的に解決できます。高齢者はベッドをこれ以上離したくないと思っています。高齢者の多くは、糖尿病、高血圧、心臓病などの基本的な病気にかかっていることを知っておく必要があります。2人がベッドに分かれると、夜は十分な睡眠が取れなくなります。心血管疾患および脳血管疾患が発生しています。時間内に発見されました。これは高齢者にとって非常に危険なことです。したがって、理由が何であれ、カップルはベッドを分離するべきではなく、部屋を分離するべきではありません。素晴らしい推薦

エイビス薬局 / TOPページ ばいあぐら副作用失明 シアリス価格 1.若い夫婦-----子供たちが別れた理由ある日、性医学クリニックで、医師は50歳の男性を治療し、ED(すなわち、勃起不全)に3年間罹患していると述べました。朝はつらいかもしれませんが、妻の部屋に入ると柔らかくなりますが、これは強くはないので、妻はその部屋にとても苛立ちます。医者は詳細に尋ね、夫と妻が彼を殴打した息子の誕生以来過去12年間部屋を分割していたことを発見しました。 「子供は12歳です。母親と一緒に寝る必要がありますか?」医者は戸惑いながら尋ねました。子どもの父親は、子どもは夜中におしっこをするために常に母親に起こされなければならず、子供の頃から母親と一緒に寝ていたので、しばらくは切っても切れない関係にあり、その結果、夫婦の性生活は次第に少なくなると述べています。危機的な瞬間、それは柔らかでした。……また、赤ちゃんのために別居しているカップルもいて、彼らは離婚しました。チェンさんは、最初は赤ちゃんのことをほとんど考えていなかったと言いましたが、夫婦の関係はますます弱くなりました。多くの準備作業は、一度の人生で行われなければなりませんでした。誰もが焦りました。長く、興味がなく、ゆっくりと離婚しました。チェンさんは、離婚が離婚の主な理由ではないが、要因の30〜40%は離婚が原因であると述べ、親密さを欠くと、喧嘩がより頻繁になり、最終的に夫婦は見知らぬ人になります。 2.中高年夫婦がいびきをかき合ってベッドを分離する中年後、いくつかのカップルはさまざまな理由でベッドを分離し始めます。たとえば、一方の当事者が年をとるにつれて、いびきをかくようになります。眠りにつく方法。不眠症、早起き、眠りに落ちるなどの深刻な睡眠障害があり、寝るやいなや寝返りをすると、相手の眠りに支障をきたします。もちろん、一部のカップルのセックスライフは不調和であり、ベッドと部屋の分離はセックスを避けるための最良の言い訳になっています。劉さんが結婚したとき、夫婦は愛情を込めていましたが、些細なことで喧嘩するのにそれほど時間はかかりませんでしたし、夫はますます不幸になり、心理的なEDに悩まされました。誰も無視します。また、年をとるにつれ、古い考えに縛られてもう一緒に寝たくない、息子や孫は年をとっていて無礼だと感じ、次第に別々のベッドで寝ていると感じる高齢者もいます。 3.専門家の意見:夫と妻のための別々のベッド、さらに別々の部屋で夫と妻と一緒に寝る。これはもともと親密な関係のための最良の注釈です。ベッドを分けることは、あなたがそれを認めるかどうかに関係なく、親密さの程度は低下しました。夫婦のセックスに対するニーズは、ベッドの長期的な離隔による無関心をもたらし、男性は「高度な使用、放棄された後退」のために性機能に影響を与え、最終的に結婚生活に不調和を引き起こし、家族を解散させることさえあります。北京大学第3病院のアンドロロジー専門家であるJiang Hui氏は、カップルは別々のベッドで寝るべきではないと述べました。人々は愛の体温を必要としています。ベッドを分割したり、部屋を分割したりすると、感情的なコミュニケーションは間違いなく影響を受けます。性生活は夫婦関係の不可欠な部分であり、潤滑剤です。多くの人が予測できないことの多い、離れた時間の後に同じベッドで寝ることは困難です。もちろん、ベッドと部屋の分離が2つの分離の主な理由ではないかもしれませんが、別のベッドと部屋に住んでいるこの状況をただちに終わらせることをお勧めします。若いカップルが子供を産んだ後、一般に、子供が生後6か月になる前(または西洋の慣習によればそれより前)に独りで眠ることができ、遅くとも3歳を超えてはなりません。理由は2つあります。1つは、子どもの自立心を育て、成長したときに社会環境により迅速かつスムーズに適応できるようにすることです。もう1つは、「サードパーティ」としての子どものためではなく、カップルの生活を支援するためです。夫と妻の間の愛のチャンスを奪います。ほとんどの中年夫婦では、2人が同じベッドで寝る場合、相互に干渉し合うことがあります。別々のベッドで寝たり、別々の部屋で寝たりすると、よりよく寝ることができます。しかし、いびき、不眠症、その他の問題などのこれらの妨害因子については、医学的に解決できます。高齢者はベッドをこれ以上離したくないと思っています。高齢者の多くは、糖尿病、高血圧、心臓病などの基本的な病気にかかっていることを知っておく必要があります。2人がベッドに分かれると、夜は十分な睡眠が取れなくなります。心血管疾患および脳血管疾患が発生しています。時間内に発見されました。これは高齢者にとって非常に危険なことです。したがって、理由が何であれ、カップルはベッドを分離するべきではなく、部屋を分離するべきではありません。素晴らしい推薦 シアリス 効き目 銉儞銉堛儵閫氳博online瀵嗐亱銇鏁淬仐銇﹁拷銇勩亱銇戙仧銇ㄣ亾銈? 銉儞銉堛儵銈搞偋銉嶃偗銉几鍏?浠h瑕嬨仧銇忋仾銇勩偡銉笺兂銇岃銇堛仧銇仹 春藥 壯陽藥專賣店 1.若い夫婦-----子供たちが別れた理由ある日、性医学クリニックで、医師は50歳の男性を治療し、ED(すなわち、勃起不全)に3年間罹患していると述べました。朝はつらいかもしれませんが、妻の部屋に入ると柔らかくなりますが、これは強くはないので、妻はその部屋にとても苛立ちます。医者は詳細に尋ね、夫と妻が彼を殴打した息子の誕生以来過去12年間部屋を分割していたことを発見しました。 「子供は12歳です。母親と一緒に寝る必要がありますか?」医者は戸惑いながら尋ねました。子どもの父親は、子どもは夜中におしっこをするために常に母親に起こされなければならず、子供の頃から母親と一緒に寝ていたので、しばらくは切っても切れない関係にあり、その結果、夫婦の性生活は次第に少なくなると述べています。危機的な瞬間、それは柔らかでした。……また、赤ちゃんのために別居しているカップルもいて、彼らは離婚しました。チェンさんは、最初は赤ちゃんのことをほとんど考えていなかったと言いましたが、夫婦の関係はますます弱くなりました。多くの準備作業は、一度の人生で行われなければなりませんでした。誰もが焦りました。長く、興味がなく、ゆっくりと離婚しました。チェンさんは、離婚が離婚の主な理由ではないが、要因の30〜40%は離婚が原因であると述べ、親密さを欠くと、喧嘩がより頻繁になり、最終的に夫婦は見知らぬ人になります。 2.中高年夫婦がいびきをかき合ってベッドを分離する中年後、いくつかのカップルはさまざまな理由でベッドを分離し始めます。たとえば、一方の当事者が年をとるにつれて、いびきをかくようになります。眠りにつく方法。不眠症、早起き、眠りに落ちるなどの深刻な睡眠障害があり、寝るやいなや寝返りをすると、相手の眠りに支障をきたします。もちろん、一部のカップルのセックスライフは不調和であり、ベッドと部屋の分離はセックスを避けるための最良の言い訳になっています。劉さんが結婚したとき、夫婦は愛情を込めていましたが、些細なことで喧嘩するのにそれほど時間はかかりませんでしたし、夫はますます不幸になり、心理的なEDに悩まされました。誰も無視します。また、年をとるにつれ、古い考えに縛られてもう一緒に寝たくない、息子や孫は年をとっていて無礼だと感じ、次第に別々のベッドで寝ていると感じる高齢者もいます。 3.専門家の意見:夫と妻のための別々のベッド、さらに別々の部屋で夫と妻と一緒に寝る。これはもともと親密な関係のための最良の注釈です。ベッドを分けることは、あなたがそれを認めるかどうかに関係なく、親密さの程度は低下しました。夫婦のセックスに対するニーズは、ベッドの長期的な離隔による無関心をもたらし、男性は「高度な使用、放棄された後退」のために性機能に影響を与え、最終的に結婚生活に不調和を引き起こし、家族を解散させることさえあります。北京大学第3病院のアンドロロジー専門家であるJiang Hui氏は、カップルは別々のベッドで寝るべきではないと述べました。人々は愛の体温を必要としています。ベッドを分割したり、部屋を分割したりすると、感情的なコミュニケーションは間違いなく影響を受けます。性生活は夫婦関係の不可欠な部分であり、潤滑剤です。多くの人が予測できないことの多い、離れた時間の後に同じベッドで寝ることは困難です。もちろん、ベッドと部屋の分離が2つの分離の主な理由ではないかもしれませんが、別のベッドと部屋に住んでいるこの状況をただちに終わらせることをお勧めします。若いカップルが子供を産んだ後、一般に、子供が生後6か月になる前(または西洋の慣習によればそれより前)に独りで眠ることができ、遅くとも3歳を超えてはなりません。理由は2つあります。1つは、子どもの自立心を育て、成長したときに社会環境により迅速かつスムーズに適応できるようにすることです。もう1つは、「サードパーティ」としての子どものためではなく、カップルの生活を支援するためです。夫と妻の間の愛のチャンスを奪います。ほとんどの中年夫婦では、2人が同じベッドで寝る場合、相互に干渉し合うことがあります。別々のベッドで寝たり、別々の部屋で寝たりすると、よりよく寝ることができます。しかし、いびき、不眠症、その他の問題などのこれらの妨害因子については、医学的に解決できます。高齢者はベッドをこれ以上離したくないと思っています。高齢者の多くは、糖尿病、高血圧、心臓病などの基本的な病気にかかっていることを知っておく必要があります。2人がベッドに分かれると、夜は十分な睡眠が取れなくなります。心血管疾患および脳血管疾患が発生しています。時間内に発見されました。これは高齢者にとって非常に危険なことです。したがって、理由が何であれ、カップルはベッドを分離するべきではなく、部屋を分離するべきではありません。素晴らしい推薦 Ed 治療 1.若い夫婦-----子供たちが別れた理由ある日、性医学クリニックで、医師は50歳の男性を治療し、ED(すなわち、勃起不全)に3年間罹患していると述べました。朝はつらいかもしれませんが、妻の部屋に入ると柔らかくなりますが、これは強くはないので、妻はその部屋にとても苛立ちます。医者は詳細に尋ね、夫と妻が彼を殴打した息子の誕生以来過去12年間部屋を分割していたことを発見しました。 「子供は12歳です。母親と一緒に寝る必要がありますか?」医者は戸惑いながら尋ねました。子どもの父親は、子どもは夜中におしっこをするために常に母親に起こされなければならず、子供の頃から母親と一緒に寝ていたので、しばらくは切っても切れない関係にあり、その結果、夫婦の性生活は次第に少なくなると述べています。危機的な瞬間、それは柔らかでした。……また、赤ちゃんのために別居しているカップルもいて、彼らは離婚しました。チェンさんは、最初は赤ちゃんのことをほとんど考えていなかったと言いましたが、夫婦の関係はますます弱くなりました。多くの準備作業は、一度の人生で行われなければなりませんでした。誰もが焦りました。長く、興味がなく、ゆっくりと離婚しました。チェンさんは、離婚が離婚の主な理由ではないが、要因の30〜40%は離婚が原因であると述べ、親密さを欠くと、喧嘩がより頻繁になり、最終的に夫婦は見知らぬ人になります。 2.中高年夫婦がいびきをかき合ってベッドを分離する中年後、いくつかのカップルはさまざまな理由でベッドを分離し始めます。たとえば、一方の当事者が年をとるにつれて、いびきをかくようになります。眠りにつく方法。不眠症、早起き、眠りに落ちるなどの深刻な睡眠障害があり、寝るやいなや寝返りをすると、相手の眠りに支障をきたします。もちろん、一部のカップルのセックスライフは不調和であり、ベッドと部屋の分離はセックスを避けるための最良の言い訳になっています。劉さんが結婚したとき、夫婦は愛情を込めていましたが、些細なことで喧嘩するのにそれほど時間はかかりませんでしたし、夫はますます不幸になり、心理的なEDに悩まされました。誰も無視します。また、年をとるにつれ、古い考えに縛られてもう一緒に寝たくない、息子や孫は年をとっていて無礼だと感じ、次第に別々のベッドで寝ていると感じる高齢者もいます。 3.専門家の意見:夫と妻のための別々のベッド、さらに別々の部屋で夫と妻と一緒に寝る。これはもともと親密な関係のための最良の注釈です。ベッドを分けることは、あなたがそれを認めるかどうかに関係なく、親密さの程度は低下しました。夫婦のセックスに対するニーズは、ベッドの長期的な離隔による無関心をもたらし、男性は「高度な使用、放棄された後退」のために性機能に影響を与え、最終的に結婚生活に不調和を引き起こし、家族を解散させることさえあります。北京大学第3病院のアンドロロジー専門家であるJiang Hui氏は、カップルは別々のベッドで寝るべきではないと述べました。人々は愛の体温を必要としています。ベッドを分割したり、部屋を分割したりすると、感情的なコミュニケーションは間違いなく影響を受けます。性生活は夫婦関係の不可欠な部分であり、潤滑剤です。多くの人が予測できないことの多い、離れた時間の後に同じベッドで寝ることは困難です。もちろん、ベッドと部屋の分離が2つの分離の主な理由ではないかもしれませんが、別のベッドと部屋に住んでいるこの状況をただちに終わらせることをお勧めします。若いカップルが子供を産んだ後、一般に、子供が生後6か月になる前(または西洋の慣習によればそれより前)に独りで眠ることができ、遅くとも3歳を超えてはなりません。理由は2つあります。1つは、子どもの自立心を育て、成長したときに社会環境により迅速かつスムーズに適応できるようにすることです。もう1つは、「サードパーティ」としての子どものためではなく、カップルの生活を支援するためです。夫と妻の間の愛のチャンスを奪います。ほとんどの中年夫婦では、2人が同じベッドで寝る場合、相互に干渉し合うことがあります。別々のベッドで寝たり、別々の部屋で寝たりすると、よりよく寝ることができます。しかし、いびき、不眠症、その他の問題などのこれらの妨害因子については、医学的に解決できます。高齢者はベッドをこれ以上離したくないと思っています。高齢者の多くは、糖尿病、高血圧、心臓病などの基本的な病気にかかっていることを知っておく必要があります。2人がベッドに分かれると、夜は十分な睡眠が取れなくなります。心血管疾患および脳血管疾患が発生しています。時間内に発見されました。これは高齢者にとって非常に危険なことです。したがって、理由が何であれ、カップルはベッドを分離するべきではなく、部屋を分離するべきではありません。素晴らしい推薦 早漏 治療 シアリス購入 性生活を大幅に延長し、インポテンツの問題を効果的に解決できます。シアリス購入 れびとら 販売再開 栄光を取り戻しましょう。 代金引換、秘密の包装 1.若い夫婦-----子供たちが別れた理由ある日、性医学クリニックで、医師は50歳の男性を治療し、ED(すなわち、勃起不全)に3年間罹患していると述べました。朝はつらいかもしれませんが、妻の部屋に入ると柔らかくなりますが、これは強くはないので、妻はその部屋にとても苛立ちます。医者は詳細に尋ね、夫と妻が彼を殴打した息子の誕生以来過去12年間部屋を分割していたことを発見しました。 「子供は12歳です。母親と一緒に寝る必要がありますか?」医者は戸惑いながら尋ねました。子どもの父親は、子どもは夜中におしっこをするために常に母親に起こされなければならず、子供の頃から母親と一緒に寝ていたので、しばらくは切っても切れない関係にあり、その結果、夫婦の性生活は次第に少なくなると述べています。危機的な瞬間、それは柔らかでした。……また、赤ちゃんのために別居しているカップルもいて、彼らは離婚しました。チェンさんは、最初は赤ちゃんのことをほとんど考えていなかったと言いましたが、夫婦の関係はますます弱くなりました。多くの準備作業は、一度の人生で行われなければなりませんでした。誰もが焦りました。長く、興味がなく、ゆっくりと離婚しました。チェンさんは、離婚が離婚の主な理由ではないが、要因の30〜40%は離婚が原因であると述べ、親密さを欠くと、喧嘩がより頻繁になり、最終的に夫婦は見知らぬ人になります。 2.中高年夫婦がいびきをかき合ってベッドを分離する中年後、いくつかのカップルはさまざまな理由でベッドを分離し始めます。たとえば、一方の当事者が年をとるにつれて、いびきをかくようになります。眠りにつく方法。不眠症、早起き、眠りに落ちるなどの深刻な睡眠障害があり、寝るやいなや寝返りをすると、相手の眠りに支障をきたします。もちろん、一部のカップルのセックスライフは不調和であり、ベッドと部屋の分離はセックスを避けるための最良の言い訳になっています。劉さんが結婚したとき、夫婦は愛情を込めていましたが、些細なことで喧嘩するのにそれほど時間はかかりませんでしたし、夫はますます不幸になり、心理的なEDに悩まされました。誰も無視します。また、年をとるにつれ、古い考えに縛られてもう一緒に寝たくない、息子や孫は年をとっていて無礼だと感じ、次第に別々のベッドで寝ていると感じる高齢者もいます。 3.専門家の意見:夫と妻のための別々のベッド、さらに別々の部屋で夫と妻と一緒に寝る。これはもともと親密な関係のための最良の注釈です。ベッドを分けることは、あなたがそれを認めるかどうかに関係なく、親密さの程度は低下しました。夫婦のセックスに対するニーズは、ベッドの長期的な離隔による無関心をもたらし、男性は「高度な使用、放棄された後退」のために性機能に影響を与え、最終的に結婚生活に不調和を引き起こし、家族を解散させることさえあります。北京大学第3病院のアンドロロジー専門家であるJiang Hui氏は、カップルは別々のベッドで寝るべきではないと述べました。人々は愛の体温を必要としています。ベッドを分割したり、部屋を分割したりすると、感情的なコミュニケーションは間違いなく影響を受けます。性生活は夫婦関係の不可欠な部分であり、潤滑剤です。多くの人が予測できないことの多い、離れた時間の後に同じベッドで寝ることは困難です。もちろん、ベッドと部屋の分離が2つの分離の主な理由ではないかもしれませんが、別のベッドと部屋に住んでいるこの状況をただちに終わらせることをお勧めします。若いカップルが子供を産んだ後、一般に、子供が生後6か月になる前(または西洋の慣習によればそれより前)に独りで眠ることができ、遅くとも3歳を超えてはなりません。理由は2つあります。1つは、子どもの自立心を育て、成長したときに社会環境により迅速かつスムーズに適応できるようにすることです。もう1つは、「サードパーティ」としての子どものためではなく、カップルの生活を支援するためです。夫と妻の間の愛のチャンスを奪います。ほとんどの中年夫婦では、2人が同じベッドで寝る場合、相互に干渉し合うことがあります。別々のベッドで寝たり、別々の部屋で寝たりすると、よりよく寝ることができます。しかし、いびき、不眠症、その他の問題などのこれらの妨害因子については、医学的に解決できます。高齢者はベッドをこれ以上離したくないと思っています。高齢者の多くは、糖尿病、高血圧、心臓病などの基本的な病気にかかっていることを知っておく必要があります。2人がベッドに分かれると、夜は十分な睡眠が取れなくなります。心血管疾患および脳血管疾患が発生しています。時間内に発見されました。これは高齢者にとって非常に危険なことです。したがって、理由が何であれ、カップルはベッドを分離するべきではなく、部屋を分離するべきではありません。素晴らしい推薦.

1.若い夫婦-----子供たちが別れた理由ある日、性医学クリニックで、医師は50歳の男性を治療し、ED(すなわち、勃起不全)に3年間罹患していると述べました。朝はつらいかもしれませんが、妻の部屋に入ると柔らかくなりますが、これは強くはないので、妻はその部屋にとても苛立ちます。医者は詳細に尋ね、夫と妻が彼を殴打した息子の誕生以来過去12年間部屋を分割していたことを発見しました。 「子供は12歳です。母親と一緒に寝る必要がありますか?」医者は戸惑いながら尋ねました。子どもの父親は、子どもは夜中におしっこをするために常に母親に起こされなければならず、子供の頃から母親と一緒に寝ていたので、しばらくは切っても切れない関係にあり、その結果、夫婦の性生活は次第に少なくなると述べています。危機的な瞬間、それは柔らかでした。……また、赤ちゃんのために別居しているカップルもいて、彼らは離婚しました。チェンさんは、最初は赤ちゃんのことをほとんど考えていなかったと言いましたが、夫婦の関係はますます弱くなりました。多くの準備作業は、一度の人生で行われなければなりませんでした。誰もが焦りました。長く、興味がなく、ゆっくりと離婚しました。チェンさんは、離婚が離婚の主な理由ではないが、要因の30〜40%は離婚が原因であると述べ、親密さを欠くと、喧嘩がより頻繁になり、最終的に夫婦は見知らぬ人になります。 2.中高年夫婦がいびきをかき合ってベッドを分離する中年後、いくつかのカップルはさまざまな理由でベッドを分離し始めます。たとえば、一方の当事者が年をとるにつれて、いびきをかくようになります。眠りにつく方法。不眠症、早起き、眠りに落ちるなどの深刻な睡眠障害があり、寝るやいなや寝返りをすると、相手の眠りに支障をきたします。もちろん、一部のカップルのセックスライフは不調和であり、ベッドと部屋の分離はセックスを避けるための最良の言い訳になっています。劉さんが結婚したとき、夫婦は愛情を込めていましたが、些細なことで喧嘩するのにそれほど時間はかかりませんでしたし、夫はますます不幸になり、心理的なEDに悩まされました。誰も無視します。また、年をとるにつれ、古い考えに縛られてもう一緒に寝たくない、息子や孫は年をとっていて無礼だと感じ、次第に別々のベッドで寝ていると感じる高齢者もいます。 3.専門家の意見:夫と妻のための別々のベッド、さらに別々の部屋で夫と妻と一緒に寝る。これはもともと親密な関係のための最良の注釈です。ベッドを分けることは、あなたがそれを認めるかどうかに関係なく、親密さの程度は低下しました。夫婦のセックスに対するニーズは、ベッドの長期的な離隔による無関心をもたらし、男性は「高度な使用、放棄された後退」のために性機能に影響を与え、最終的に結婚生活に不調和を引き起こし、家族を解散させることさえあります。北京大学第3病院のアンドロロジー専門家であるJiang Hui氏は、カップルは別々のベッドで寝るべきではないと述べました。人々は愛の体温を必要としています。ベッドを分割したり、部屋を分割したりすると、感情的なコミュニケーションは間違いなく影響を受けます。性生活は夫婦関係の不可欠な部分であり、潤滑剤です。多くの人が予測できないことの多い、離れた時間の後に同じベッドで寝ることは困難です。もちろん、ベッドと部屋の分離が2つの分離の主な理由ではないかもしれませんが、別のベッドと部屋に住んでいるこの状況をただちに終わらせることをお勧めします。若いカップルが子供を産んだ後、一般に、子供が生後6か月になる前(または西洋の慣習によればそれより前)に独りで眠ることができ、遅くとも3歳を超えてはなりません。理由は2つあります。1つは、子どもの自立心を育て、成長したときに社会環境により迅速かつスムーズに適応できるようにすることです。もう1つは、「サードパーティ」としての子どものためではなく、カップルの生活を支援するためです。夫と妻の間の愛のチャンスを奪います。ほとんどの中年夫婦では、2人が同じベッドで寝る場合、相互に干渉し合うことがあります。別々のベッドで寝たり、別々の部屋で寝たりすると、よりよく寝ることができます。しかし、いびき、不眠症、その他の問題などのこれらの妨害因子については、医学的に解決できます。高齢者はベッドをこれ以上離したくないと思っています。高齢者の多くは、糖尿病、高血圧、心臓病などの基本的な病気にかかっていることを知っておく必要があります。2人がベッドに分かれると、夜は十分な睡眠が取れなくなります。心血管疾患および脳血管疾患が発生しています。時間内に発見されました。これは高齢者にとって非常に危険なことです。したがって、理由が何であれ、カップルはベッドを分離するべきではなく、部屋を分離するべきではありません。素晴らしい推薦レビトラ ジェネリック